kaeken(嘉永島健司)Techブログ

主に情報科学/情報技術全般に関する知見をポストします。(最近は、特にData Science、機械学習、深層学習、統計学、Python、数学、ビッグデータ)

AWS Weekly Roundup—Amazon Route53, Amazon EventBridge, Amazon SageMaker, and more – January 15, 2024

AWS Weekly Roundup—Amazon Route53, Amazon EventBridge, Amazon SageMaker, and more – January 15, 2024 | AWS News Blog

  • 1週間のAWSニュース振り返り記事を要約
  • Amazon Pollyで自動読み上げがあるのでリスニング練習になる
  • AWS re:Invent recaps というイベント振り返りコミュニティがあるとのことで、情報収集が助かる

この記事は、2024年1月15日時点のAmazon Web Services (AWS) の最新アップデートとニュースの要約です:

  1. 新しい学習パスとバッジAWSは新しい「イベントとワークフロー学習パス」を導入しました。これは、AWSステップファンクションズ、Amazon EventBridge、イベント駆動アーキテクチャ、サーバーレス技術について学べます。このパスを完了し、アセスメントに合格すると、CredlyからのAWSラーニングバッジが授与され、履歴書やソーシャルメディアで共有できます。

  2. 最近のAWSの発表

    • Amazon Route 53DNSトラフィックのフィルタリング用のDNSファイアウォールと、DNSレコードのジオプロキシミティルーティングを導入。これは、応答性の高いデジタル体験を提供する必要がある業界に有益です。
    • Amazon CloudWatch Logs:アカウントレベルのサブスクリプションフィルターをサポートし、ロググループをAmazon OpenSearchサービスやAmazon Kinesis Data Firehoseなどのサービスに転送できるようになりました。
    • Amazon Elastic Container Service (ECS)Amazon Elastic Block Store (EBS)と統合し、EBSボリュームをAWS FargateおよびAmazon EC2上で実行されるECSタスクに割り当てることができます。
    • Amazon EventBridgeAWS AppSyncをEventBridgeバスのターゲットとしてサポートし、バックエンドアプリケーションからフロントエンドクライアントへのリアルタイムアップデートを可能にしました。
    • Amazon SageMaker機械学習推論用のM7i、C7i、R7iインスタンスをサポートし、これらはカスタム第4世代Intel Xeonスケーラブルプロセッサを搭載し、前世代より最大15%優れた価格性能を提供します。
  3. その他のAWSニュース

    • 2023年最後の四半期のサーバーレスICYMI(もし見逃していたら)の四半期リキャップを公開し、その期間の発表とAWSデベロッパーアドボケートによるコンテンツをまとめました。
    • AWS re:Invent 2023で発表された新しいデモアプリケーション、ServerlessVideoをリリースしました。
    • Amazon Cognitoユーザープールのアクセストークンをカスタマイズする方法と、Amazon DynamoDBでデータを効果的にソートする方法についてのブログ投稿。
    • AWSは、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語など、複数の言語で公式ポッドキャストを制作しています。
  4. AWSオープンソースニュースレター:リカルドがキュレーションする最新のオープンソースプロジェクト、投稿、イベントなどをカバーするニュースレターです。

  5. AWSトルコ:2024年1月1日より、AWSトルコがAWSヨーロッパの契約当事者およびトルコの顧客に対するサービスプロバイダーとして交代し、トルコリラでの取引と地元の銀行との取引が可能になりました。

  6. 今後のAWSイベント:今後2ヶ月間で世界中で開催されるAWS re:Inventのリキャップが予定されています。また、AWSが主催する対面およびバーチャルイベント、AWS DevDayなどの開発者向けイベントもあります。

この記事は、次の月曜日に別の週間レビューをチェックするよう読者に呼びかけて終わります。この投稿はAWSの週間レビューシリーズの一部です。

以下原文

This article is a summary of the latest updates and news from Amazon Web Services (AWS) as of January 15, 2024:

  1. New Learning Path and Badge: AWS introduced a new Events and Workflows Learning Path, which teaches AWS Step Functions, Amazon EventBridge, event-driven architectures, and serverless technologies. Completing this path and passing an assessment awards an AWS Learning Badge from Credly, shareable on resumes and social media.

  2. Recent AWS Launches:

    • Amazon Route 53: Introduced DNS Firewall for filtering DNS traffic and geoproximity routing for DNS records, beneficial for industries needing responsive digital experiences.
    • Amazon CloudWatch Logs: Now supports account-level subscription filters, allowing forwarding of log groups to services like Amazon OpenSearch Service or Amazon Kinesis Data Firehose.
    • Amazon Elastic Container Service (ECS): Integrates with Amazon Elastic Block Store (EBS), enabling EBS volumes attachment to ECS tasks on AWS Fargate and Amazon EC2.
    • Amazon EventBridge: Now supports AWS AppSync as a target, enabling real-time updates from backend applications to front-end clients.
    • Amazon SageMaker: Added support for M7i, C7i, and R7i instances for machine learning inference, offering up to 15% better price performance than previous generations.
  3. Other AWS News:

    • Published a Serverless ICYMI quarterly recap for the last quarter of 2023, summarizing announcements and content from AWS Developer Advocates.
    • Released ServerlessVideo, a new demo application, at AWS re:Invent 2023.
    • Blog posts explaining how to customize Amazon Cognito user pool access tokens and effectively sort data with Amazon DynamoDB.
    • AWS produces official podcasts in multiple languages including French, German, Italian, and Spanish.
  4. AWS Open Source Newsletter: Curated by Ricardo, it covers the latest open source projects, posts, events, and more.

  5. AWS Turkey: As of January 1, 2024, AWS Turkey replaced AWS Europe as the contracting party and service provider for customers in Türkiye, allowing transactions in Turkish Lira and with local banks.

  6. Upcoming AWS Events: AWS re:Invent recaps are scheduled globally in the next two months, along with other AWS-led in-person and virtual events, including AWS DevDay.

The article concludes by inviting readers to check back the following Monday for another weekly roundup. The post is part of AWS's Weekly Roundup series.

その他参考記事要約

「route」の発音はルートとラウト!? | 花田恵吉(Keikichi Hanada)オフィシャルサイト

以下は「『route』の発音はルートとラウト!?」の記事の要約をリスト形式でまとめたものです:

  1. トピック: 英単語 "route" の発音の違いについて。

  2. 日本の学習環境: 日本では、英語学習者に通常、イギリス英語の発音 [ru:t](「ルート」と似ている)が教えられる。

  3. アメリカの発音の変異: アメリカでは、この単語はしばしば [raʊt](「ラウト」と似ている)と発音され、イギリス英語に慣れた人にとっては驚きとなることがある。

  4. J.C. Wellsの辞書を参照:

    • イギリスの標準発音: [ru:t]。
    • アメリカの発音: [ru:t](68%)と [raʊt](32%)に分かれる。
  5. 英語学習者への指針: 一般に、辞書で最初に表示される発音に従うが、詳細を知りたい場合はWellsの辞書を参照すること。

  6. NPR放送を使用した個人的調査:

    • 著者は、NPRの様々なプログラムで "route" が使われた10の事例を聞いた。
    • 大多数は [ru:t] の発音を使用。
    • 発音 [raʊt] は主にレポーターによって使われ、ホストによってはあまり使われなかった。
  7. 結論と考察:

    • 地域による発音の違いを認識することの重要性。
    • ネイティブ話者の仮定に関しても、研究と個人的な確認が必要である。
    • 言語研究のためのツールとしてインターネットを賞賛。
  8. 全体のメッセージ: 特に非母語話者がこれらのニュアンスをナビゲートする際に、言語の発音の多様性と複雑さを浮き彫りにする。

【routeの発音】ルートかラウトか? | 上級英語ウェブメディア らいトレ

  1. 記事のタイトル: 「【routeの発音】ルートかラウトか?」("How to Pronounce 'Route': 'Root' or 'Rout'?")

  2. 主なトピック: 英語の単語「route」の発音の違いについての議論。

  3. 探究された発音:

    • /ruːt/ (「ルート」として)
    • /raʊt/ (「ラウト」として)
  4. アメリカ英語での好みロングマン発音辞典による):

    • /ruːt/: 68%が好む。
    • /raʊt/: 32%が使用。
    • 注記: /ruːt/は特にアメリカ北東部で好まれる。
  5. イギリス英語:

    • /raʊt/: しばしば軍事用語と関連づけられる。
  6. Wi-Fi ルーター」の発音:

    • ルーター」と「ラウター」('rout'として)の両方が許容される。
    • ラウター」('rout'として)の方が一般的に使われることが多い。
  7. ハーバード方言調査の結果:

    • 少数派が両方の発音を交互に使用する。
  8. 著者の個人的な観察:

    • ニューヨークでの経験とネイティブスピーカーの聞き取りに基づく。
    • ネイティブスピーカーがこれらの単語をどのように発音するかに注目することを推奨。
  9. 推奨されるリソース:

    • 中級から上級の英語学習者向けのロングマン発音辞典。
  10. 追加リソース:

    • 記事に記載された音声学の本や発音に関するリソースのコレクション。